以前、若しくはその後 RSSフィード

11.25(Thu).2004見出し このエントリーを含むブックマーク

ページの構造で気になったのが見出しの位置付けで、今まで日付と題名を検索やページの更新のキーとして使われている。ダイアリー自体、一日一題が本来の構造で、多様な見出しを含む記述の場合は題名を省くようになり、見出しをキーとしたことで分類の基本が崩れ題名の意味が薄れていった。

ダイアリーでタブを組みこもうとしたとき、分類するためのキーの位置付けで悩み、構造上無理と見て新たにタグを記入し、見出しの索引となるページを新たに設けた。という経緯があり、複数の同一日付の部分に触れていた意見を散見したような気もする。

履歴のタイムスタンプなど複数の細分化された記述が出てくれば、必然と感じられ機能を拡張し、細分化したものを括っていくのは非常に便利になり良いだろう。だが基本的な構造の方向性の行き詰まりがありそうで少し不安を感じる。ソフトが柔軟な対応をすれば問題ないが…

日付 題名
├見出し - 時間
├見出し - 時間
├     :
├     :
├     :
└見出し - 時間

日付がキーでページを切り替える。見出しで分類のキーとなる。
時間のキーを付加し見出しの複数化を許容する。修正、追加など。

題名
├日付 - 見出し - 時間
├日付 - 見出し - 時間
├         :
├         :
├         :
└日付 - 見出し - 時間

時間の引数がどのように影響するか未知数だが、
日付の複数の順位をつけるか、同日の区別するキーになる。


├題名 - 見出し - 日付 - 時間
├題名 - 見出し - 日付 - 時間
├            :
├            :
├            :
└題名 - 見出し - 日付 - 時間

更に日付でのキーと題名でのキーの振分けで、
順位を明確にそして柔軟に区分けできる。
同一日、異範疇の記述を同じ見出しで括ることや修正、
追記の時間軸での同範疇の括りを可能にさせる。

「時刻付きの見出し」の機能拡張に伴い感じたのが、モジュールの表示で「コメント」などで更新された時は、更新された日付の時間が表示されるが、リンクをたどると過去の状態での記述が時系列で表示され、更新された部分へは自力で探さなくては行けない。

記述と表示の時制の一致が必要と感じる、今日この頃…